2022/08/02 (TUE)

10月8日シンポジウム【「複言語主義」に基づく新しい英語教育】 開催

OBJECTIVE.

コロナ禍に象徴されるように、変化が激しく将来の予測が困難な現代のグローバル社会において、外国語教育にも新しい役割が求められています。その一つが、複言語主義に基づく言語能力の発達と価値観の理解です。複言語主義とは、一人の人間が(たとえ部分的であっても)複数の言語の能力を持つこと、また、コミュニケーションのための言語を自分の第一言語だけに限定しない価値観を有することを意味します。本シンポジウムでは、複言語主義に関する研究で国際的に著名な2名の研究者を招き、複言語主義に基づいた新しい英語教育について考えます。

詳細情報

日時
Date and time
2022年10月8日(土)13:00~17:30
Saturday, October 8, 2022, 13:00~17:30
会場
Venue
池袋キャンパス太刀川記念館3階カンファレンス・ルーム
3rd floor Conference Room, Tachikawa Memorial Hall at Ikebukuro campus
内容
Contents
第Ⅰ部 講演会(13:00~15:00)
講演1:
Steve Marshall氏 “Plurilingual pedagogy in English for Academic Purposes (EAP) classrooms: An introduction to teaching through a plurilingual lens”
講演2:
土屋 慶子 氏「教育や職場での相互行為におけるトランスランゲージングと談話フレーム:共通語としての英語使用時の複言語話者の媒介行為に注目して」
Translanguaging for framing in classroom and workplace interactions: exploring bi/multilingual speakers’ performance and mediation practice in ELF (English as a Lingua Franca)

第Ⅱ部 ワークショップ(15:30~17:30)
Steve Marshall 氏“Responding to students writing in English as an additional language (EAL): Input, errors, mistakes, and the whole learner”
使用言語
Language
英語・日本語(通訳なし。質問は英語、日本語可)
This symposium will be conducted in English and Japanese
対象者
Target
participants
学部生、大学院生、教職員(小・中・高・大)
Undergraduates, graduate students, teachers (primary, middle, high school, university)
申込
Application
事前申し込み要:無料
申込締切:10月4日(火)
以下のフォームからお申し込みください。
Pre-registration is required. Free to attend.
Application deadline: Tuesday, October 4
Please register from the following website.
Application Form
主催
Organized by
外国語教育研究センター
Center for Foreign Language Education and Research
備考
Notes
・コロナウイルス感染拡大状況に鑑み、開催方法を変更する可能性があります。
・原則先着順です。各回の定員(講演会150名、ワークショップ30名)に達した場合、申込を終了する可能性があります。
・Depending on the spread of COVID-19, we may change how we hold this symposium.
・In principle, it is first-come-first served basis. The application may be closed if the number of registrations reaches the limit (150 for symposium, 30 for workshop).

講師

Steve Marshall 氏

Steve Marshall is Professor of Faculty of Education, Simon Fraser University, Canada. He researches the interplays between plurilingualism, academic literacy, and pedagogy in higher education, employing mainly qualitative/ethnographic research methods. He is currently researching teaching and learning, and academic writing, across the disciplines in Canadian higher education, with a focus on students who speak/write English as an additional language. His most recent research has focused on the use of languages other than English (e.g., Mandarin, Cantonese, Korean, and Punjabi) as tools for developing academic literacy in English across the disciplines, as well as instructors' pedagogical responses to linguistic diversity in their classes.
土屋 慶子 氏

横浜市立大学大学院都市社会文化研究科准教授。研究テーマは、医療・教育現場における会話のマルチモーダル分析。主な共編著書に、Content and Language Integrated Learning in Spanish and Japanese Contexts: Policy, practice and pedagogy (with Maria Dolores Perez Murillo, 2019, Palgrave)、English as a Lingua Franca in Japan: Towards multilingual practices (with Mayu Konakahara, 2020, Palgrave)などがある。


お問い合わせ

外国語教育研究センター事務室
Center for Foreign Language Education and Research Office

ニュース一覧から探す

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。