研究書籍研究

著者/編者:黒木秀房
タイトル:ジル・ドゥルーズの哲学と芸術——ノヴァ・フィグラ
出版年・出版社:
2020年・水声社

概要:
20世紀フランスの哲学者ジル・ドゥルーズは、生涯をつうじて、たえず芸術への目配せを行いながら独自の哲学を展開した。本書は、その独特な芸術との関係性を、とりわけ「フィギュール」という概念に着目しながら丹念に読み解いたものである。最終的に、ドゥルーズが芸術とともに論じていたことが、現代フランスにおいて大きなトポスの一つとなっている「共同性なき共同体」の議論へと通じることを明らかにした。
著者/編者:Richard J. Sampson & Richard S. Pinner (Editors)
タイトル:Complexity Perspectives on Researching Language Learner and Teacher Psychology.
出版年・出版社:
2020・Multilingual Matters

概要:
This edited volume showcases the experiences of researchers conducting complexity research in situated educational contexts. The chapters present practical examples of how complexity research can be done, with convincing evidence of why a complexity perspective is useful for investigating and conceptualizing the psychology of language learners and teachers.
著者/編者:関 未玲、森本淳生、ジル・フィリップ他
タイトル:マルグリット・デュラス〈声〉の幻前 小説・映画・戯曲
出版年・出版社:
2020年・水声社

概要:
小説作品だけでなく、戯曲や映像作品も手掛けた20世紀フランス女性作家マルグリット・デュラスの、ジャンルを超えた創造過程を追うことで、言語に〈視覚性〉をもたらそうとした作家の歩みを丁寧に検証した研究書。2018年に京都大学人文科学研究所主催で行われたシンポジウムをもとに編纂されている。
著者/編者:新多了
タイトル:「英語の学び方」入門
出版年・出版社:
2019年・研究社

概要:
本書では第二言語習得研究に基づいて、どのように英語を学ぶかについて様々な視点から紹介している。前半は理論編として英語を学ぶ理由やモチベーションのメカニズム、英語を学ぶ時に押さえておきたい原則などについて、後半は実践編として英語の知識(ボキャブラリー、文法)や4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングなど)を身につける具体的な学び方について、わかりやすく説明している。
著者/編者:Mirei Seki/Olivier Ammour-Mayeur/Florence de Chalonge, Yann Mével他
タイトル:Marguerite Duras—Passages, croisements, rencontres
出版年・出版社:
2019・Classiques Garnier

概要:
フランスのスリジー・ラ・サールで開催されたマルグリット・デュラス生誕100周年記念国際シンポジウムで行われた発表をまとめた論集に寄稿。デュラスと同時代作家・哲学者の発言を比較しながら、彼女が文学を通してアリストテレス以来の可視・不可視という問題に新たな提案を試みていたことを明らかにした。
著者/編者:馬場今日子・新多了
タイトル:はじめての第二言語習得論講義—英語学習への複眼的アプローチ
出版年・出版社:
2016年・大修館書店

概要:「第二言語習得」とは、私たちが母語を習得した後に2つ目以降の言語をどのように習得するのかを研究する分野である。本書では、第二言語習得研究の面白さと奥の深さを、具体的なエピソードを使いながらわかりやすく解説している。本書を通じて、動機づけや児童英語教育、複雑系理論など、第二言語習得の重要テーマについて幅広く、かつ深く理解することができる。
著者/編者:Richard J. Sampson
タイトル:Complexity in Classroom Foreign Language Learning Motivation: A Practitioner Perspective from Japan
出版年・出版社:
2016・Multilingual Matters

概要:
This research monograph explores how complex systems theory can contribute to the understanding of classroom language learner motivation through an extended examination of the dynamic conditions operating in a foreign language classroom in Japan. Its reflexive, narrative approach shines light on the evolving nature of research and role of the researcher.
著者/編者:Masakazu Mishima
タイトル:Challenging the Native Speakerism: Teaching English as a Global Language in Japan
出版年・出版社:
2009・VDM Verlag

概要:
The native speakerism has developed into a prominent social phoenomena in the world of English language education known as Native speaker vs. Non-native speaker dichotomy. It is a manifestation of the ideology which favors native speakers as superior language teachers based on their native language status. A discriminative hiring practice against even highly trained non-native English speaking teachers is a typical example of the dichotomy. This book examines this global social phenomena in the context of Japanese English education and challenges the myth that native speakers are intrinsically superior to their nonnative counterparts as English language teachers. The author applies linguistic, social as well as pedagogical perspectives to examine the issue and argues that the existence of the dichotomy is not only disservice to English language learners but also the development of fair professionalism in the nation. The issue presented in this book holds utmost relevance to language teaching professionals and to administrators of language teaching institutions or anyone else who is involved in learning and teaching of the English language.